最近流行りのガラスブロックを購入してみた

glass_block
最近流行りのガラスブロックを購入してみたのですが、壁としての役目がありながらも光を通すことも可能なのでいいですね。しかも、四角形なので私のように日曜大工程度の技術レベルでも十分取り付けが可能でした。もちろんそうしたガラスブロックは、世の中のお父さんの日曜大工に利用されているだけではなく、一般の建築資材としてプロの職人さんの方々にも利用されているという本格的な建築資材です。例えば天井やベランダ、あるいは地下室へ続く壁への自然光の取り込みに利用するのには最適でしょうね。とくに、2階建てや3階建てなど多層ビルディングの通路にこうしたガラスブロックを利用すると、部屋が明るくなると同時にお洒落なデザインにもなるので誰の目にも好印象に映るでしょうね。ただしその場合、壁面用のガラスブロックよりも表面の肉厚が厚い天井用の専用ガラスブロックが用意されており、耐久性を重視したガラスブロックなのだそうですね。またカラーバリエーションについても、透明色を始めとしてオレンジやイエロー・ブルーなど様々なカラーバリエーションが用意されているようです。さらに、ガラスブロックの内面に蓄光材料を散りばめた蓄光ブロックもあるようですね。そうしたブロックになると、昼間の光を蓄えて夜美しい光を放つという仕組みになっているようです。

ところでそうしたガラスブロックには、海外製のさらにデザイン性が豊かな物も数多く市場には出回っているようなのです。例えば、無色透明ながらも揺らめく水のようにガラスブロックの表面部分に深い凹凸部分がある物や、色とデザインで人を魅了する物など様々な物があるようです。それから、ガラスブロックの大きなメリットをいい忘れていましたが、一般の壁や壁紙を貼ったような壁面の場合、ホコリや汚れが付着するとクリーニングが大変難しい面があります。一方ガラスブロックの場合、拭き掃除が容易という点も有り難いですね。