防犯対策を行うなら、まずは窓から!

glass_cutting
近年の空き巣というのは、玄関のドアの錠前をピッキングなどによる不正解錠をするよりも、無理矢理壊して侵入するという一番手っ取り早い方法を用いる場合が多いようですね。従って近年の警察庁の発表によると、空き巣の侵入経路が玄関というのはほんのわずかで、圧倒的に多いのが勝手口や家の窓からの侵入なのだそうです。とくに、窓ガラスを壊して侵入するという手口は多いそうです。おまけに、ガラスカッターを用いてガラスを切り落とすといった面倒な手口でもないようなのです。どこにでもあるような工具で、いとも簡単に侵入してしまうというのです。

例えば窓ガラスには、クレセント錠という窓ガラス専用の鍵が掛けられるようになっていますが、その付近のガラスを割る時間というのはほんの数秒らしいのです。あるいは網入りガラスの場合においても、ガラスの中にワイヤーが入っているので、通常のガラスよりも安全であるという認識が強いかもしれませんが、それは全くの逆の話であって、網入りガラスの方がガラスを割る際にも音が静かなので割り易いそうなのです。

そうしたことからも玄関や勝手口はもちろんですが、窓ガラスの防犯対策も大変重要なポイントといえるのです。いい換えれば防犯対策を行うなら、まずは窓から!といっても過言ではないでしょうね。ということで、窓ガラスのクレセント錠の他にも、補助錠を後付けする方やクレセント錠自体が二重ロック式になっている場合もあります。ただし、補助錠を毎日しているという方はほんのわずかなのだそうですね。あるいは補助錠を後付けした方においても、ほとんどの方が三日坊主に終わってしまうようなのです。確かに、窓の開け閉めをする際に補助錠を解錠するのが面倒な時というのはありますね。従って、手っ取り早く防犯ガラスに交換するとよいのかもしれませんね。ただし、防犯ガラスは高額になるので大変という方の場合には防犯シートがオススメです。